ライフスタイルに合わせて保険相談〜ランキングを判断材料にする〜

財布

保険の見直しをしていこう

保険は毎月または年単位など払い続けていくもので、実は総額を考慮すると高額です。保険は万が一のものだから費用が高くなってしまうということではありません。買い物と考えると高額な買い物をしていることになりますね。見直しをせずに支払いを続けていると、ムダな保険料を支払い続けてしまう可能性があります。

相談

どのタイミングで実施した方がいいの?

はじめは何となくで加入していても見直しのタイミングはそれぞれ訪れます。結婚をしたときや子供が生まれたなどの家族が増えたとき、御不幸や離婚から家族が減ったときなど、家族構成の変化は見直しのタイミングです。加入中の保険の解約や保険への加入を検討しましょう。

電卓

具体的な相談内容

家族構成から職業、収入などの確認と加入目的から相談がはじまりますが、多くの場合説明だけで終わってしまいます。加入中の保険を相談したい場合には、保険内容がわかる書類を持参しましょう。2回目以降の相談から、プランの説明や家庭で検討した結果から契約に導かれていきます。また、海外旅行をする予定の場合も海外旅行保険について相談することもできます。海外旅行になると月単位ではなく日単位になるので、どの保険商品がお得で安心か相談すると良いです。自身にとって不要な補償内容のある保険に入ってしまうことを避けることができるので極力は相談して決めた方が良いと言えるでしょう。

女性

保険相談が出来る場所

豊富な知識があり、数多くの保険会社の商品を取り扱っている保険ショップはショッピングモールなど街中でみかけますね。他にもサイトや電話で予約したときに最寄り駅のカフェやレストラン、職場の近くでも担当者に来てもらうことも可能ですし、家を空けられないという場合には自宅に来てもらうことも可能ですよ。

[PR]
節税対策には逓増定期保険がイチオシ☆
一度専門家に相談しよう♪

聞いてみた!保険相談をする魅力・トップ5

財布
no.1

自分に合った保険か診断

ライフスタイルに合っている保険かの判断は難しいですが、プロの診断で判断することができます。内容がはっきり理解できていないときなどもプロにチェックしてもらいましょう。

no.2

ライフプランの変更で見直し

若いころ加入した保険をそのままにしていた場合には、家族が増えたなどのライフプランの変更で見直しをすすると年間保険料を大幅に引き下げることも可能になります。

no.3

加入だけでなく見送りもできる

加入や見送りもできます。提案されたからといってムリに加入をすることはありません。一度検討のために持ち帰ることも可能です。相談相手もムリに勧めることはありません。

no.4

複数の保険会社から選べる

自分に合う保険を比較したい場合にも、保険相談では可能です。複数ある保険会社から自分に合う保険を探し出したり、複数契約することもできます。

no.5

わかるまで確認できる

保険の内容は難しく、約款は読むだけでも大変です。保険相談ではわかりやすく教えてくれるだけでなく、質問にも対応してくれます。わからないことをわからないまま契約することもなく、納得して契約することができます。

無料で保険相談ができる!?

保険相談は無料ですることができます。提案された保険に加入をしなくても問題はありません。どこで相談していいか迷う場合には、ネットのランキングサイトを参考にしてみましょう。

家計や保険のお役立ち情報を紹介!

貯金箱

節約の習慣が身につく

節約していながら貯蓄に反映できなかった場合には、家計相談をするとムダだったことが見えてきます。また、節約の習慣も身につけることができます。

詳しくはこちら
飛行機の模型

全国展開している保険

転勤があるという家庭では全国展開している保険ショップの活用がおすすめです。複数の保険会社での契約も、保険ショップで契約していれば変更事項も一度にすることができますし、全国展開していると転居先の系列ショップを利用することもできます。

詳しくはこちら

保険相談をする前に…まずは知識を深めていこう!

保険内容の把握は難しいですが、ライフスタイルの変更に合わせて保険の見直しが必要ということは覚えていき、徐々に内容を理解し、深めましょう。

[PR]
三井住友海上の海外旅行保険に加入
旅のトラブルに備えておこう

広告募集中